クラシック音楽とオーディオが大好きなblog

とてもゆる~いファンです。悪しからず・・・

ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番

 14歳で作曲活動を始め、順調に階段をのぼりつつあったラフマニノフが《交響曲第1番》の大失敗により挫折。その後、何とか《ピアノ協奏曲第2番》の作曲に取りかかったものの、初恋の女性への失恋も重なり、強度の神経衰弱に。その苦境を救ったのが、友人から紹介されたニコライ・ダール博士という精神科医で、彼の献身的な治療によって全快したといいます。ダール博士の励ましでようやく完成した曲は、当然に博士に献呈されました。

 1901年の初演は大成功、ラフマニノフの名声を打ち立てた出世作となり、その比類ない美しさ、ロマンチックさから、古今のピアノ協奏曲、というより全クラシック曲のなかで、もっとも人気の高い曲の一つとなっております。1945年のイギリス映画『逢びき』のテーマ音楽に使われて一躍知られるようになり、今ではフィギュアスケートでもよく耳にしますね。『のだめカンタービレ』でも千秋真一が演奏する場面がありました。

 とくに人妻と妻子ある男性の禁断の恋を描いた『逢びき』では、全編にわたってこの《ピアノ協奏曲第2番》が流れ、この曲以外の楽曲は一切使われていないんですね。まるでこの映画のためだけに作られた曲のようであり、また映画の第二の主役であるといってもよい存在感を示しています。よっぽど映画監督さんが気に入ったのでしょうけど、珍しいんじゃないでしょうか、こういうの。

 全楽章でピアノとオーケストラが濃密に絡み合い、何とも官能的でドラマチック。とりわけ第2楽章のやるせないほどにメランコリックなメロディーには、まったくもって言葉を失うのであります。もうホントにうっとり。オーケストラ・パートもとても充実していて緻密。ピアノ・パートは素人にはよく分からないのですが、随所に10度の広い和音を使う超絶技巧が要求されているとかで、発表当時にこれを弾きこなせるピアニストは少なかったといわれています。

 愛聴盤は、クリスチャン・ツィマーマン小澤征爾指揮、ボストン交響楽団による2000年の録音です。日ごろは女流を愛してやまない私でありますが、ここでのツィマーマンは、その技巧もさることながら、ほかのどの女流にも優る妖艶さと繊細さに満ちていると感じます。録音もいいです。とりわけ第1楽章冒頭のピアノの低音の大迫力! 2004年度のレコード・アカデミー賞を受賞したディスクです。

 

f:id:yukoyuko1919:20200725045225j:plain

youtu.be

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1番&第2番

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1番&第2番

 

千秋真一の指揮

 今もなおクラシック音楽ファンの間で話題になる名作ドラマ『のだめカンタービレ』。2006年10月~12月の放映でしたから、あれからもう14年になるんですね。まさに光陰矢のごとしです。上野樹里さんや玉木宏さんらをはじめとする配役がとてもよかったし、演技も素晴らしく、リアルな演奏風景もよかった。「のだめ」の超汚い部屋や、時おり登場する「投げ飛ばされ専用?人形」も愉快だった!

 ところが、『クラシック アホラシー』の著者である神沼遼太郎さんは、ドラマのなかで一つだけ不満があったといいます。それは玉木宏さん演じる千秋真一の指揮ぶりだそうです。めちゃくちゃ不自然で違和感があったって。玉木さんは、ドラマに出てくるブラームスの《交響曲第1番》を指揮する演技のために、この曲を1000回以上聴いたそうですが、神沼さんは、どうやらそこに原因があるらしいというのです。どういうことか、神沼さんの言葉をそのまま引用しますと、

 クラシック・ファンの多くはオケの曲を聴きながらつい手が動いてしまうものである。それが嵩じて聴きながら指揮をして自分は指揮者になれると思い込む人もいる。しかしそのようなやり方で指揮はできない。

 生のオケの指揮とCDから流れる音楽の「指揮」との決定的な違いは、出だしにある。オケは指揮者が振らなければ音を出せない。だから指揮者の動きは実際に流れる音楽の一瞬先を行かなければおかしい。聴いてから振るのでは遅いのである。

 ブラ1を1000回聴いたということは、おそらく聴きながら振る練習もしたに違いない。その動きが知らず知らず身に付いてしまってあのような映像になったのではないか。つまり、指揮の動きと音が同時になっていて、演奏に指揮を合わせているように見えるのである(もちろんテレビ局側の編集にも原因はあるが)。

 へーなるほどです。そういえば、先日の『チコちゃんに叱られる』で「なんで指揮者は手を振るの?」との質問が出され、その答えは「一瞬先の未来を演じているから」というものでした。つまり一瞬早く手を動かす「先振り」という技術によって演奏者に合図を送っている。私もオーケストラの演奏を見ていて、音楽と指揮の手の動きがズレてるなと感じることが時々ありましたが、てっきりその指揮者のスタイルとかクセなのかと思っていました。そうじゃなく「先振り」のせいだったんですね。ちっとも知りませんでした。

 じゃあ玉木さんは、指揮の演技のためにいったいどんな練習をすべきだったのでしょうか。神沼さんによると、曲自体は100回くらい聴けば大体の流れは分かるから、その記憶を元に振りながら頭の中でブラ1を思い浮かべるように練習をすればよかった。一種のイメージ・トレーニングですね。そうすれば、より迫真の演技になったはずだって。

 

f:id:yukoyuko1919:20200923044821p:plain

クラシックアホラシー

クラシックアホラシー

 

掃除ロボット

【余談です】

 ご覧の(↓↓↓)四角い物体は「拭き掃除」専用のお掃除ロボットです。ごみを吸い込む機能はなくて、乾拭きのほかに、タンクに水を入れるとモップを湿らせて水拭きをしてくれます。動かしますと、入り組んだ廊下なども、ああでもないこうでもないと迷いながら行き来し、最後まできっちり掃除してくれます。

 ただ、床の端のほうにあるドアストッパーに突き当たったときは「何じゃこれは?」みたいに、えらく混乱して回転を繰り返したりします。最後にはフリーズして「ギャー」と悲鳴をあげることも。本当にギャーと言うんです。玄関の段差に差し掛かると、落ちそうになる寸前でピタッと止まって方向転換します。なかなかスリルがあります。

 まー楽ちんは楽ちんなのですが、全くお任せというわけにはいかず、終わるまで見守っている必要はあります。能力的にはまだまだ発展途上のようで、けっこうもどかしいところがあります。とはいえ、せっせと仕事をしている姿は律儀というか健気というか、思わず「がんばれ!」と応援したくなってきます。

 

f:id:yukoyuko1919:20190711081217j:plain

子供を泣き止ませる方法

【余談です】

 小さな子供がなかなか泣き止まなくて困ることがありますね。電車の中など逃げ場のない公衆の只中だとなおさらです。叱ればもっとひどくなる。そんなときに、まことに効果覿面な方法がありますのでご紹介します。

 年配の方ならご記憶にあると思いますが、小さいころによくインディアンの真似だとかいって口にポンポン手を当てて「アワワワワ!」ってやってませんでしたか? あれを泣いている子供にやるんです。大声で泣いている口に手を当てて小刻みにポンポンポンって。うるさい泣き声が「アワワワワ」と滑稽に変化します。

 すると、泣いている子供も自分がおかしくなって笑いだすんです。私も息子たちが小さいころに何度かやってうまくいきましたが、この方法はなかなかよろしいですよ。まー、人前だとちょっと恥ずかしいですけどね。ただし、1歳未満の赤ちゃんには無理です。また、よそのお子さんにやったら怒られますからダメですよ。

 

f:id:yukoyuko1919:20200920084930j:plain

神戸女子 vs 大阪女子

【余談ですけど】

 長らく関西に住んでいますと、神戸大阪は何かと比較され、お互いに対抗心のような気持ちをもっているんだなと感じることがしばしばあります。なかでも、神戸の女子は大阪の女子とずいぶん異なるというので、何がどう違うのか、神戸の女子に尋ねたことがあります。彼女らは「私たちは大阪の女の子とは違うのよ」という、プライドというか、はっきりとした差別?意識を持っているようです。

 彼女によれば、大阪の女の子のファッションは、ブランドものの洋服なんかを、はっきり分かるように目立たせて身に着ける。ブランドの好みもヴィトンとかシャネルとかひと目でそれと分かるものが多くて、それを「見て見て!」って感じで、要するに派手。梅田はそうでもないけど、ミナミに行ったらすごい。

 それに対して神戸の女の子は、わざとそういうのは見せない。何気なく着てて、実は・・・っていうファッション。ロゴなんかは基本的に表には出さないし、見えたとしてもチラッとだけ。大阪の女の子のようには絶対にしたくないそうで、分かる人に「わーっスゴイ!」って気づいてもらうのが嬉しいというんです。

 神戸と大阪の間は、電車(JR新快速)でわずか20分余りで行ける近さなんですけど、そんなに考え方が違うものなんですかね。最後に彼女が言うには「要するに、神戸の女の子は腹黒いのよ」ですって。うはー

 

f:id:yukoyuko1919:20190313074842j:plain

ヘッドホンの買い替え

 iPhoneAmazon Prime Videoの映画をよく鑑賞しております。日ごろはヘッドホンで音楽を聴いたりとかしない私ですが、このときだけは映画鑑賞専用に軽量ヘッドホンを装着して、寝っ転がって観ています。まことにぐーたらです。ところが、長年愛用してきたヘッドホンのコードの被膜があちこちで破れ始め、テープで補強しながら使ってきました。しかし、ねじれるたび次々に破れてしまいます。さすがに寿命が到来したようです。

 もともと数千円の安物ではありましたが、音もよくて装着感も軽いのでずいぶん気に入って、耳当てのパッドも新しく買って交換しながら使ってきたんです。ずっと元気だったのに、今年の夏になって急速に弱り始めましてね、まことに残念でなりません。私に電気屋さんの技術があれば直してあげることもできたでしょうが、かといって修理に出したらもう1台買えるぐらいの費用がかかるんだと思います。

 そういうわけで、新たに後継機として購入したのが、今度はコードレスの軽量タイプです。同じく高価なものではありませんが、Bluetoothという高等技術?!によってiPhoneと無線接続します。本体を充電する手間はありますが、コードが無いので取り回しが楽なうえに断線の心配もありません。先代機に感謝しつつ、こちらも大事に使っていこうと思います。

 

f:id:yukoyuko1919:20200921152332j:plain

f:id:yukoyuko1919:20200921152403j:plain

PCオーディオの気になるとこ

 アンプやCDプレーヤーなどのオーディオコンポは、その横幅の大きさによってフルサイズとハーフサイズに大別されているのをご存じでしょうか。フルサイズの横幅は430mm前後、ハーフサイズのそれは215mm前後となっていて、さらに両者のコンセプトや機能は大きく異なっているといいます。従来のようにレコードやCDをじっくり腰を据えて聴くならフルサイズ、デジタル中心のナウい!使い方を望むならハーフサイズが適しているそうです。そして、近年勢いを増しているのが後者のハーフサイズですね。

 確かに、昔のオーディオコンポはフルサイズ規格の製品が殆どで、ハーフサイズはあまり見かけなかったと思います。よくあったのが、ラジカセが分割されてデラックスになったようなミニ・コンポの類で(ハーフサイズよりもっと小さかったかな?)、見かけの割に性能はよくありませんでした。10数年前になりますか、中高生だった子供たちが持っていて色々な音楽を聴いていましたが、気分はコンポでも、音質はラジカセとそんなに変わらなかったように思います。

 しかし、その後のAV機器の技術革新によって小型化・集積化が進んだことから、ハーフサイズのミニ・コンポも著しく高性能化が図られました。フルサイズの機器にとってもそれは同じはずなのに、なぜか大きさは昔からの430mmのままです。そのため、ものによっては筐体を開けたら中身はスカスカというのもあるそうです。部品同士の干渉やノイズを防ぐためには、確かにある程度のスペースの余裕は必要ですが、いかにも過大なのが多い、って。やはり売る側としては、見映えを小さくすると製品力が下がるのではないかと心配するのでしょうかしらね。

 ところで、デジタル中心のナウい!トレンドになっているPCオーディオ。この環境の優位性については別項でも申し上げたとおりで、私自身もそれらしく楽しんでおります。参考のためにネットで色々な方々の事例も拝見しました。皆さん、カッコよく決めていらっしゃいます。ところが、中にずいぶん気になる例がありました。PCの両端に置いているスピーカーですが、ふつうのオーディオコンポに使うような、2ウェイだったか3ウェイだったか、PCオーディオにはいかにも不釣り合いな大きいスピーカーを使っている方がいたのです(デスクトップPCのディスプレイの高さと同じくらいか、それより高い)。

 これはちょっとよろしくないと思うんです。なぜなら、狭い場所でオーディオ空間を作り上げるには、「音源」はできるだけ小さいほうがいいからです。本当は可能な限り”点”に近いほうがいい。部屋という単位であってもそのように言われますので、PCオーディオの極小空間ではなおさらです。いくら高価で性能のよいスピーカーでも使い方を間違っては「過ぎたるは及ばざるが如し」どころか「百害あって一利なし」になります。

 よっぽど席から離れて聴くなら別ですが、でもそれだと、本来の意味でのPCオーディオとは違うものになってしまいます。ニアフィールドで最良の音響を引き出そうとするのがPCオーディオですから、この場合、スピーカーは決して「大は小を兼ねる」ものではありません。大きいと何となく豪勢な感じに見えますけど、きちっとした音像、音場を望むなら断然避けるべきです。お節介な話だとお思いかもしれませんが、ぜひとも改善なさったほうがよいと思うところです。

 

f:id:yukoyuko1919:20200915112440j:plain