クラシック音楽とオーディオが大好きなblog

とてもゆる~いファンです。悪しからず・・・

ブラームスの『ドイツ・レクイエム』

 樋口裕一さんがこのようにおっしゃっています。「CDを聴いているときにはさほど感銘を受けないが、生の演奏を聴くと心の底から感動をする曲があるものだ。私にとって『ドイツ・レクイエム』がそうだ。合唱の演奏効果は凄まじい。ぜひ、生演奏に接する機会があったら、聴いてみることをお薦めする」

 残念ながら不肖私はこの曲を生演奏で聴いたことはないのですが、CDを聴いただけでも感動するのが、アーノンクール指揮、ウイーンフィルシェーンベルク合唱団ほかによるライブ録音です。2010年度のレコード・アカデミー賞を受賞した盤です。ライブ録音というと、かつては客席の気配や時に雑音が混じったりするのがふつうでしたが、近年はそういうのを消す技術があるのでしょうかね。全くの静謐の中で演奏されているような、かといってスタジオ録音とは異なる、実に緊張感に満ちた音色が響き渡ります。

 『ドイツ・レクイエム』は、1868年、ブラームスが35歳のときに完成させた曲で、構想のきっかけは、彼の恩師だったロベルト・シューマンの死だったといわれています。レクイエムというと、通常はカトリック教会における死者の安息を神に願う典礼音楽であり、ラテン語の祈祷文に従って作曲されますが、ルター派信徒だったブラームスは、ルター聖書のドイツ語版からドイツ語章句を選んで歌詞として使用したんですね。 従って、典礼音楽ではなく演奏会用の作品だということです。

 いずれにしましても、この曲、そしてこの演奏は、単に素晴らしいとか美しいとかいう言葉では言い表せない、何だか、魂が内から震えてきそうなほどの感動を覚えます。CDですらそうなんですから、生演奏を聴いたら失神してしまうかもしれない・・・。大げさ?

 

f:id:yukoyuko1919:20200301054939j:plain

ブラームス:ドイツ・レクイエム

ブラームス:ドイツ・レクイエム

 

宮城谷昌光さんが嫌いな?作曲家

 クラシック音楽愛好家でもある作家の宮城谷昌光さんによる『クラシック私だけの名曲1001曲』という本。モーツァルトの曲には「自我が無い」として忌避し、同書には1曲も取り上げられていません。さらにモーツァルトだけでなく、他にも私の大好きなマーラーブルックナーの曲も入っていません。書中に何も語られていないので、いったい何故なのか分かりません。

 一方で、「音楽がつぎつぎに消えていった。残った音楽はこの曲だけになった。この曲はついに消えなかった。だから私は断言することができる。この曲は、私が聴いたすべてのクラシック音楽の中で最高である」と称賛しているのが、バッハ無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番第5楽章の「シャコンヌ」です。

 全く無視されたモーツァルトマーラーブルックナーと、最高だと評価されているバッハの「シャコンヌ」。この対比によって宮城谷さんの音楽への指向性が見えてくる? というとおこがましいですが、私が感じるのは、ブルックナーの場合は作曲家自身の人間的な背景が見えにくいという点でモーツァルトと大いに共通する部分があるんじゃないかなということです。どちらも自我とは程遠く、宇宙的であり普遍的。

 それに比べてマーラーの音楽はむしろ自我だらけで、モーツァルトと対極にあるはずなのにと思うところです。造詣の浅い凡人の私にはなかなか理解し難い次元のお話ですが、こちらはひょっとして「過ぎたるはなお及ばざるが如し」でしょうか。さらにマーラーが曲の随所で取り入れた、聴き手を裏切る「異化効果」や甚だしい「分裂」。そうしたひねくれ者?ぶりが、宮城谷さんの美学にそぐわなかったのでしょうか。宮城谷さんの大ファンなだけにずいぶん気になり、あれこれ思案してみましたが、けっきょく、よく分かりません。m..m

 

f:id:yukoyuko1919:20200207100802j:plain

クラシック私だけの名曲1001曲

クラシック私だけの名曲1001曲

  • 作者:宮城谷 昌光
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2003/07
  • メディア: 単行本
 

yukoyuko.hatenadiary.com

マルチチャンネル!

 若い人たちは全然ご存じないでしょうけど、今から50年くらい前の1970年前半に「4チャンネル・ステレオ」が出現しました。アナログレコードの通常の2チャンネル分に加えてリアスピーカー2チャンネル分の信号を追加し、4つのスピーカーによる立体的な音響効果が得られるという触れ込みで、ずいぶん流行りました。

 私もそのころ親にねだって買ってもらったものの、狭い部屋にリアスピーカーを置ける場所もなく、けっきょく4つのスピーカー全部を前に並べて聴いていたもんです。まったく意味がなかった・・・。でも間もなく市場から姿を消してしまいましたよね。あれはいったい何だったのでしょう。

 ところで、これから先のオーディオ・シーンがどうなるかというと、4チャンネルどころではない、もっと多くの数のスピーカーによるマルチチャンネルに変わっていくといいます。それこそ四方八方から音が聴こえてきて、半端ない臨場感が得られるって。へーという感じですが、4チャンネルの良さを体感できなかった身としては、やや懐疑的な思いを抱いております。

 たとえば映画を観るときとか、スポーツ中継を観戦するときなどは、マルチチャンネルはとても効果的なんだと思います。今もホームシアターとかあって家電店で視聴してみると、あれはなかなかいいもんですね。ただ、純粋に音楽を聴く場合は如何なもんでしょう。映画やスポーツ観戦のようにあちらこちらから音が聴こえてくるのとは違い、ふつうはステージという特定の場所で演奏される音楽を聴くものですからね。ホールでは反射音こそあるものの、決して方々で楽器が鳴り響くわけではない。

 今のオーディオ、すなわち2チャンネル・ステレオによる再生は、2つのスピーカーによって眼前に作り出された臨場感あふれる音像、音場を、自身の2つの耳でスイートスポットにて焦点を合わせじっと聴き入る。まさにコンサート会場での視聴体験を再現しようとするもので、自然で理にかなっていると思うんです。まだマルチチャンネルを聴かないうちからつべこべ言うのもアレですけど、どうも今一つな気がしてなりません。

 

f:id:yukoyuko1919:20200208054420j:plain

ベートーヴェンのオラトリオ『オリーヴ山上のキリスト』

 ディープなファンの方ならとうにご存知なのでしょうが、ベートーヴェンにこんな作品があったのですね。ちっとも知りませんでしたよ、オラトリオ『オリーヴ山上のキリスト』。台本はイエス・キリストのオリーヴ山上での祈りと捕縛の場面を描いたもので、ベートーヴェンが詩人のフランツ・クサーヴァー・フーバーと相談しながら作ったそうです。生前は大人気だったとか。

 なぜこの曲に知り合ったかというと、私が敬愛するアーノンクールの没後3年を機に発売された未発表の録音盤だったからです。存命であれば90歳になっていたことから、「アーノンクール@90メモリアル・リリース」として、日本でのみの単独発売だそうです。もう会えないと思っていたアーノンクールに再会できたようで、実に嬉しく感激しております。演奏は彼の手兵だったウィーン・コンツェントゥス・ムジスクアルノルト・シェーンベルク合唱団による、2007年のライブ録音です。

 そんでもってこの曲、恥ずかしながらキリスト教に関する深い意味の部分はよく分かりません。しかし、純粋に音楽として聴けば、緊張感の漂うなか、多彩なメロディやテンポ、リズムに満ち溢れ、実に刺激的な作品です。鋭い付点リズムにシンコペーション、強烈なアクセント、激しいトレモロなど、まさにアーノンクールの本領発揮のパートが続々、まるで彼とベートーヴェンが相談しあって出来上がったかのようです。本当に素敵で感動的な再会と発見でした。

 ところでこの盤は、BSCD2(Blu-spec CD2という聞き慣れない仕様のCDとなっています。説明書によれば、ソニー・ミュージックエンタテイメントが2008年に発売したBlu-spec CDからさらに研究開発を重ね、よりマスターテープの原音に近い音で再生できるようになった、とあります。確かに金管楽器の鋭い音色は耳をつんざくばかりであります。メーカーさんの、現状に甘んじない努力、琢磨には本当に頭が下がります。

 

f:id:yukoyuko1919:20200209153953j:plain

ベートーヴェン:オラトリオ「オリーヴ山上のキリスト」

ベートーヴェン:オラトリオ「オリーヴ山上のキリスト」

 

お釈迦さまの「無記」の思想

 茂木健一郎さんの『すべては音楽から生まれる』から――

 

 かつての私は、頭でっかちな聴き手であった。というのは、演奏会が終わるやいなや、連れの友人に「今日の演奏会、どうだった?」とやたらと感想を求めたり、「今日の演奏は、第一ヴァイオリンはよかったけど、管楽器が精彩を欠いていた」などと批評したり、「あの交響曲のテーマはこうで、主題が表わしているものは・・・・・・」と講釈をたれたり、ああだこうだと、なんともうるさく迷惑な男だったのだ。連れは閉口していたことだろう。

 私は、本当には音楽を聴いていなかったのだ。聴こうともせずに、もっともらしい説明や理解を求めていたのである。音楽の至福とは、音楽そのものの核心、わからない「なにか」に接した時の愉悦であり、感動であり、喜びなのだ。

 ・・・・・・何も言う術を持たないこと。わからないことを、わからないままにすること。音楽によって発見したこの姿勢を、端的に代弁してくれる概念がある。釈迦の思想、「無記」である。

 あるとき釈迦の弟子が、繰り返し師に尋ねた。「人間は、死んだらどうなるのですか」「生まれる前、人はどこにいたのですか」「宇宙の果てはどうなっているのですか」「魂というものはあるのでしょうか」

 答えを求める弟子に、釈迦はこう言う。

「お前の目の前に、毒矢が刺さって、もがき苦しんでいる男がいるとする。周囲の者が医者を呼ぶと、その男はこう言った。『治療は待ってくれ。その前に、この矢を射た男を捜してほしい。そして、聞いてくれ。どんな弓を使って、どんな毒の種類で俺を射ったのか、と』」

 お前は、この男をどう思う? そう問う釈迦に、弟子は「その男は馬鹿者だ。そんなことをしているうちに、死んでしまうじゃないか」と答えた。すると釈迦は、こう言った。

「お前の質問も同じことだよ」

 わからないものは、わからない。わからないのなら、断定的なことを語らない。これが釈迦の「無記」の思想であり、死後の世界や魂の存在の有無について、いっさい答えない、という仏教の哲学である。音楽に対しても、私はこういう姿勢で臨みたい。

 

 うーん、ずいぶんなるほどのお話です。まー私のようなゆるーい聴き手は心配しなくても頭でっかちになりようはないのですが、お釈迦さまがおっしゃる「無記」の思想は何かにつけて肝要かと思う次第です。わからないものは、わからない。

 

f:id:yukoyuko1919:20200125060105j:plain

すべては音楽から生まれる 脳とシューベルト (PHP新書)

すべては音楽から生まれる 脳とシューベルト (PHP新書)

 

ポール・モーリア!

 不肖私がクラシック音楽にのめりこむきっかけになった曲がモーツァルトのピアノ協奏曲第20番だと申し上げましたが、じゃあ音楽そのものに夢中になったきっかけはというと、中学生のころにラジオで聴いたポール・モーリアであったように思います。『恋は水色』とか『エーゲ海の真珠』『涙のトッカータ』『オリーブの首飾り』などなど。ほかにレイモン・ルフェーブルフランク・プウルセルパーシー・フェイスなどのライバルもいて、イージー・リスニングという音楽ジャンルがメチャクチャ栄えた時代でした。

 とりわけポール・モーリアは、他のライバルたちがストリングス主体の演奏だったのに対し、金管楽器、パーカッション、チェンバロなどを要所要所で積極的に使い、非常にビートを利かせた、ロックというと言い過ぎかもしれませんが、当時、紅顔の少年だった私の魂はビビビッと激しく揺すぶられたのであります。鋭利なストリングスの音色も刺激的で、すぐに虜になってしまいましたよ。

 もちろんコンサートにも行きました。あのころのポール・モーリアは毎年のように楽団を引き連れて来日し、全国各地でコンサートをやってくれていましたからね。親にお金をもらって一人で学生服のまま出かけました。そしたら周りは大人のアベック(←まだ死語ではなかったです)ばかり。そりゃそうですよね。中学生男子が一人で行くほうがおかしい。

 残念なことに、そのころに毎月の小遣いを投入して買い揃えたLPレコードは、その後に全部処分してしまい、1枚も残っていません。中にはフランス直輸入盤とか特別なカッティングによる盤なんかもあったのですが、ずいぶんもったいないことをしました。まーたとえ今持っていたとしてもプレーヤーを備えていないから聴けないんですけどね。でも幸いなことに、Amazon Musicで無料にて聴くことができます。まことに懐かしく嬉しい限りです。

 

f:id:yukoyuko1919:20200122165052j:plain

決定盤!!ポール・モーリア/スーパー・ヒット ベスト

決定盤!!ポール・モーリア/スーパー・ヒット ベスト

  • 発売日: 2012/12/19
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

モーツァルトのピアノ協奏曲第20番

 クラシック音楽ファンの皆さまは、どなたにも、最初にクラシック音楽に興味を持つきっかけとなった曲がおありだろうと思います。憚りながら不肖私の場合は、モーツァルトピアノ協奏曲第20番がそれなんです。もう10数年あまり前になりますかね、iTunesでDL販売されている曲の冒頭部分が無料試聴ができますでしょ、あれをPCで片っ端から聴いていたんですね。そしたらたまたま耳に入ってきたのが、Apollo's Fireというアメリカのオーケストラが演奏する第20番だったんです(ピアノはジョン・ギボンズ)。

 ただし試聴できる時間は限られていますから、長い前奏のあとピアノの音がちょこっと聴こえたところで再生は終わってしまいました。でも、たったそれだけでも私の感性にビビビッと来ましたね。なんという情感あふれる音楽なんだ、と。早速DLして全部を聴きましたよ。CDもすぐに買いました。それが私がクラシック音楽にのめり込むことになったきっかけです。それから暫くはもっぱらモーツァルトばかり。しかし、2曲目に買った曲は何だったか忘れました。第20番の衝撃だけを今もよく覚えているんです。

 その後もさまざまなアーティストの第20番を聴き比べました。でも、未だに私にとってApollo's Fireより好ましい演奏には出逢えていません。ハスキルグルダアルゲリッチ内田光子・・・・・・、あと覚えていないくらいたくさんの盤を聴きまして、ピアノ独奏はどれも一流で素晴らしいんですが、オーケストラの演奏というか、どうも全体の雰囲気が好きになれなかった。こういうの、原始体験がいちばんいいと感じてしまう、初心者によくありがちな現象なのかもしれません。

 Apollo's Fireによる第20番のどこが好きかというと「しめやかで厳かな演奏」といったらいいでしょうか。モーツァルトが生きていた時代の楽器が使われていて、ピアノもフォルテピアノなので、現代のピアノのようには響かないんです。オーケストラも決してドンチャカやるのではなく、落ち着いた気品のある音色に終始し、第20番の曲想に絶妙にマッチした雰囲気になっていると感じます。

 とまれ、この20番は、私ごときが気に入るまでもなく既にモーツァルトのなかでもとても人気の高い曲だったわけですが、かのベートーヴェンもえらくお気に入りだったようで、この曲のためにカデンツァ(独奏者がオーケストラの伴奏を伴わず自由に即興的な演奏をする部分)を書いていますものね。一つの曲の中でモーツァルトベートーヴェンが聴けるなんて、考えてみればすごい贅沢なことです。

 

f:id:yukoyuko1919:20200113172529j:plain