クラシック音楽とオーディオが大好きなblog

とてもゆる~いファンです。悪しからず・・・

ベートーヴェンの交響曲第3番

 元オーボエ奏者の宮本文昭さんが、著書の中でベートーヴェンのことを(愛情をこめて)こき下ろしています。これからクラシックを聴いてみようと思っている方は、いきなりベートーヴェンから入るのは間違いだ、って。ひと言で言えば、とっつきにくい。メロディの美しさに徹することができないから、交響曲第6番《田園》以外は、特に美しい仕掛けのようなものは見当たらない。悲しみを表現するときも、どことなく不器用だし、楽しそうなところですら、ちょっとヘン。何をやるにも直球を投げてこない。

 さらには「空気が読めないヤツ」だったに違いないなどと、もう散々な言われようです。もう少し大衆に迎合してもよかっただろうに、とにかく自分の主義主張を曲げない。モーツァルトに憧れていたくせに、ひらめきを生かして自由奔放に、音が持つみずみずしさを引き出すことができなかった、とも。しかしそうは言っても、結論としてやっぱりベートーヴェンはすごい!って。

 僭越ながら不肖私も、宮本さんのご批判にはまったく同感です。とはいえ私も、たとえば他のいろいろな作曲家の交響曲を聴いた後にベートーヴェンに戻ってきますと、「あー、やっぱりベートーヴェンだなー」って強い感慨を覚えます。風格といいますか、落ち着きといいますか、収まりどころのよさといいますか、そのあたりの確かさを如実に感じます。どうあっても、やっぱりベートーヴェンはすごい!

 ところでタイトルに掲げました交響曲第3番ですが、2016年に英国BBCミュージック・マガジンが実施した151人の世界の指揮者たちへのアンケートによって選ばれた「交響曲トップ20」で、堂々の第1位を獲得しています。第5番でも第9番でもなく、この第3番が選ばれたというのは、なかなか興味深いところです。私もよく聴く曲ではありますが、第1位かと問われるとちょっと悩みます。素人には分からない、プロならではの着眼点や判断基準というのがあるのでしょうかね。

 宮本さんは「大衆に迎合しなかったベートーヴェン」と言っていましたが、実は第4楽章の途中に、当時流行っていたというハンガリアン・ダンスの音楽を取り入れているとこがあるんですね。指揮者の金聖響さんはその部分を「ダサイ!」と評しています。流行を取り入れるのは、その時代にはウケても、時代が進むと古臭くダサくなるって。それはそういうもんだろうと思います。私でさえ何も知らずに聴いていたときも、そこだけ妙な違和感がありましたから。大衆迎合なんてしなくていいんですよ、ベートーヴェンは。

 

f:id:yukoyuko1919:20161008164139j:plain

ベートーヴェン:交響曲第3番

ベートーヴェン:交響曲第3番