クラシック音楽とオーディオが大好きなblog

とてもゆる~いファンです。悪しからず・・・

『ダンソン第2番』

 『ダンソン第2番』、不肖私の大好きな曲の一つであります。日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、北米やヨーロッパではオーケストラでよく演奏される人気曲です。メキシコの現代作曲家アルトゥロ・マルケスが、1994年に発表した彼の代表曲で、演奏時間は約10分、別名『ダンソン・ヌメロ・ドス』でも知られています。「ダンソン」というのは、キューバ発祥の踊りの音楽だそうです。

 初演は大学生のオーケストラによる演奏だったにもかかわらず、たちまちメキシコ国内で大ヒットし、いまではメキシコの第二の国歌ともいわれているとか。冒頭はクラリネットのしっとりしたソロで始まり、だんだんと広がりと展開を見せ、最後は大団円の大盛り上がり。それでいて、とても郷愁に満ちた魅力的な曲です。まだご存じない方は、Youtubeでも紹介されていますので、ぜひお聴きになってください。

 私の愛聴盤は、ベネズエラ出身のドゥダメル指揮、シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラによる2008年1月の録音です。この盤には他にも10曲におよぶラテン音楽が収録されており、躍動感あふれるエキゾチックな演奏に耳?を奪われます。あと、オススメというわけではありませんが、アロンドラ・デ・ラ・パーラ指揮、フィルハーモニック・オーケストラ・オブ・ジ・アメリカスによる盤もあります。アロンドラはメキシコの美貌の女性指揮者として人気がある人です。

 

f:id:yukoyuko1919:20200404083412j:plain

フィエスタ!

フィエスタ!