クラシック音楽とオーディオが大好きなblog

とてもゆる~いファンです。悪しからず・・・

山の中でクマに出遭ったら

【全くの余談です】

 まことに唐突ですが、山の中で、突然クマに出くわしたときの注意点を聞いたことがありますので、皆さんにもご伝授します。ご自身の命を守るため、ぜひとも覚えておいてください。

 まず、よく言われる「死んだフリ」をするのは全く無意味だそうです。やはり何をおいても逃げなきゃなりません。そこで逃げる方向が重要になります。山の上に向かって逃げるのはダメで、必ず下に向かって逃げます。なぜなら、クマは前足が短いので、下り坂が苦手だからです。また、木に登るのはダメ。なぜなら、人間よりクマのほうが、ずっと木登りが得意だからです。

 そして、どうしても逃げられず追いつかれてしまったら、そのときはうつ伏せになって地面に伏せます。同じクマに食べられるにしても、まず背中のお肉から食べてもらいます。仰向けだと内臓を食べられ、致命傷になります。背中のお肉だけだったら、何とか助かるかもしれませんし、あるいは途中でクマのお腹がいっぱいになって食べるのをやめるかもしれません。

 それでもダメなら、これは最後の手段ですが、クマの胸元にガバッと抱きつきます。クマの腕は内側に曲がりにくいらしく、そうすると鋭いツメでやっつけられなくて安全だというんです。その間に、ナイフかなんかでクマの胸を突いてやっつける。ただしクマは血を見ると興奮するので、ハンカチで血を拭き拭きしながら突っつくのがミソです。

 ただ、ナイフも何も持っていなかった場合、クマに抱きついたあと、いったいどうすればいいのか。実は、そこんとこが未解決です。さらにこの話は、学生時代に山岳部だったかワンゲルだったか忘れましたが、何かにつけていい加減な先輩から聞いた話なので、本当に確かかどうかはよく分かりません。

 

f:id:yukoyuko1919:20200710073057j:plain

bonjinrekisi.hatenablog.com