クラシック音楽とオーディオが大好きなblog

とてもゆる~いファンです。悪しからず・・・

モーツァルトの『フィガロの結婚』

 一人の作曲家の作品の中から好きな曲を1曲だけ選ぶ、とりわけ天才モーツァルトの作品からとなると、大いに悩むのではないでしょうか。私なんぞ、どれもこれも大好きで、とてもとても1曲だけを選ぶことはできません。

 音楽ジャーナリストの林田直樹さんは、強いて挙げるならとしながら、オペラの『フィガロの結婚』を選ぶとおっしゃっています。ちょっと意外な気がしますが、氏によれば、

 ーーフランス革命の火つけ役になったといわれるボーマルシェの原作芝居をオペラ化したこの作品は、反貴族的な長ゼリフをカットしているものの、根底には十分に革命の精神を宿している。それはすなわち、愛する主体としての人間でありたいという自己表明のようなものだ。それをモーツァルトは全精力を傾けて伝えようとしたのだと思う。――

 だそうです。これは音楽性というより、モーツァルトの思想とか作曲背景に重きを置いた選択ということでしょうか。フランスの劇作家ボーマルシェの戯曲をもとにモーツァルトが30歳のときに作曲したこのオペラは、貴族に仕えるフィガロの結婚を通じて、貴族を痛烈に批判した内容になっています。たびたび上演が禁止されたといわれ、とくにルイ16世は「この上演を許すぐらいなら、バスティーユ牢獄を破壊するほうが先だ」と激怒したとか。よくもまあモーツァルトは無事に過ごせたものです。

 牢獄といえば、映画『ショーシャンクの空に』のなかで、この『フィガロの結婚』の曲が流れる場面がありました。無実の罪で投獄された主人公が、刑務所内の図書係となり、たまたま見つけた『フィガロの結婚』のLPレコードを無断で所内の放送で流すというものでした。流れた曲は、16曲目の二重唱『そよ風に寄せて』。殺伐とした日々を送る囚人たちは、突然聴こえてきたその優しい歌声に耳をそばだて、得も言われぬ安らぎに浸る。そんな印象深いシーンでした。

 不肖私のオペラ鑑賞は、かねて申しあげているとおりの邪道中の邪道でして、ストーリーとか背景はそれほど意に介さず、ひたすら美しいアリアや重唱、オーケストラの伴奏に聴き入るばかりです。DVDも持っていますが、もっぱらCDで音楽だけを聴いています。愛聴盤は、ルネ・ヤーコプス指揮による2003年の録音です。名歌手ぞろいなうえに、テンポよく強弱のついた管弦楽、それからアリアや重唱の間に流れるピアノの通奏低音が特徴です。録音状態もとてもよいです。

 

f:id:yukoyuko1919:20200818071133j:plain