クラシック音楽とオーディオが大好きなblog

とてもゆる~いファンです。悪しからず・・・

ブラームスの交響曲第1番

 クラシック音楽駆け出しのころ、初めてこの曲の出だしを聴いたときの衝撃といったらなかったですね。いきなり苦悩が全開!なもんだから、「うわー、勘弁してくれー」みたいな。こんなにヘビーに始まる交響曲は他にないんじゃないでしょうか。しかしながら、最初からドーンとありのままの感情をぶつけてこられたら、かえって清々しささえ感じてきます。嫌悪感は吹っ飛び、「そうか分かった。じゃあ話を聞いてやろうじゃないか」と、こちらも前のめりな気持ちになってくるから不思議です。

 しかしながら、かの故・宇野功芳先生はブラームスの「暗さ」がどうにも苦手だったようで、著書のなかでこんなふうに語っています。

 ブラームスの作品は私小説のようなものだと思う。一生独身で過ごした彼の、うすよごれた部屋に通され、人生の淋しさをしみじみ語り合う趣がある。わるくいえばグチを聞かされるのだ。

 もちろん彼は実力者であり、その音楽は分厚くて立派である。彼のファンは多いし、とくに学者が好むという。彼らにいわせると「ブラームスの音楽は人を反省させる」のだそうだ。冗談じゃない、音楽を聴きながら反省なんかしたくない。ブラームス自身、「私の曲を聴くときは白い手袋をして、涙をふくためのハンカチを一枚よけいに用意してほしい」と語っている。 

  うーん、不肖私は宇野先生とは違い、ブラームスのネクラさはむしろ好ましく思っている方ですけど、でも涙をふくハンカチを用意しろなどという押しつけがましさは、ちょっと勘弁してほしいところです。しかし、敢えてそんな不粋?な発言をするところが、またブラームスらしい生真面目さといいますか、不器用さの表れなのかもしれません。こんなこと言ったら怒られますかね。

 とまれ《第1番》は、着想から完成まで実に21年を要したというブラームス最初の記念すべき交響曲です。ベートーヴェンが築いた9つの交響曲のスタイルを尊敬し意識するあまり、作曲に際しては推敲に推敲を重ね、発表にもたいへん慎重を期した結果といわれます。はたしてその苦労は報われ、指揮者のビューローは「ベートーヴェン交響曲第10番だ」と絶賛し、聴衆からも高く評価されたそうです。「苦悩から光明へ」というベートーヴェンを継いだような構成も肯定的に受け入れられたとか。

 宇野先生も、「第1番だけは何とかいける」と言っています。この曲には、悲しみや苦しさとたたかう前向きな姿勢がみられるから、って。苦悩に始まり、各楽章の劇的な推移を経て、華やかで壮麗に終わる最終楽章では『喜びの歌』によく似たメロディーも登場し、とても晴れやかな気持ちで聴き終えることができます。不肖私の愛聴盤は、アバド指揮、ベルリン・フィルによる1990年の録音です。大らかでありながら、情熱溢れる名演かと思います。何かこう、しっかりした気持ちになりたいときによく聴いています。私も反省させられているのかもしれません。

 

f:id:yukoyuko1919:20200907101126j:plain