クラシック音楽とオーディオが大好きなblog

とてもゆる~いファンです。悪しからず・・・

広島に来たらぜひ食べて!

 不肖私の生まれ故郷、広島のお話です。実家があるのは市内の江波という町です。ところで「広島」という地名の由来をご存知でしょうか? 私、いやしくもベテランの出身者でありながら、最近になって初めて知りました。何でも、毛利氏の先祖である大江広元の「広」、広島城の地を選んだ福島元長の「島」をそれぞれ一字ずつとって名付けたんですって。てっきり、ここら辺に「広い島」があったからだと思っていましたよ。でも何だかテキトー。

 そんでもって広島の食べ物ですが、実は手の込んだ広島ならではの伝統的「料理」はそれほど発展していないんです。なぜなら、素材自体がめちゃくちゃ美味しいからです。その素材を生かした料理でいちばんにお勧めしたいのが、「小鰯(こいわし)の刺身」です。鰯なんてすぐに傷んでしまいますからね、まして小さな鰯を生の刺身で食べるとなると、めちゃくちゃ新鮮でなければなりません。小鰯は「七回洗えば鯛の味」と言われ、さばいた身を冷水で繰り返し洗って身を引き締めます。鰯独特の臭みは全くなく、とにかく美味しいですから、広島へお立ち寄りの際はぜひ召し上がってください。

 実はこんなこと言うとアレですけど、私が子どものころは、小鰯の刺身はハッキリ言って貧乏人の食べ物でした。海辺の漁師さんの家のおばさんが、毎日のように夕方近くに乳母車のようなのに載せて売りにきていましてね。獲れたばかりの直売ですから安かった。だから我が家の晩御飯のおかずにはしょっちゅう小鰯の刺身が出ていたもんです。

 

f:id:yukoyuko1919:20200920090301j:plain

 

 そして、忘れてならないのが「お好み焼」です。もはや定番となっているので今更ですけど、広島人にとって「お好み焼き」といえばこれ以外にございません。ですから「広島焼き」とか「広島風」などというおかしな言い方は絶対に致しません。しかしながら、関西人と「関西風」のお好み焼きとの優劣の話を始めますと、まさに泥仕合の激しい論争になってしまいます。お互いに決して譲らない。郷土の名誉にかけて、絶対に負けるわけにいかない。上司・部下も関係ない。したがって、関西人を相手にお好み焼きの話は一切しないことにしております。

 なお、私らが子どものころと違って、今は海鮮入りなど随分バリエーションが増えています。どれを選んだらいいか分からなければ「そば肉玉(にくたま)入り」、大盛りがよければ「そばダブルの肉玉入り」と注文してください。これが古くからある基本メニューであり、またいちばん美味しいと思っています。

 

f:id:yukoyuko1919:20200920090323j:plain

bonjin-ultra.com