クラシック音楽とオーディオが大好きなblog

とてもゆる~いファンです。悪しからず・・・

『伊勢物語』に見る、優しさの表現

 秋の夜長、クラシック音楽もよいですけど、たまに古典を紐解くのもオツなものです。なかで、『伊勢物語』といえば、ご存知、稀代のプレイボーイ在原業平(ありわらのなりひら)の数々の女性遍歴をおもに綴った歌物語です。古(いにしえ)の、奔放で情熱的な男女関係や風雅が感じられて、なかなか興味深いもんです。ただ、読み続けていくうち「女たらしもいい加減にしろ!」と言いたくなってきます。

 しかし、なかにはとても味わい深いお話もあります。決して女たらしの話ばかりではない。私が好きなのは、第四十一段。これは、ある二人の”女はらから”、つまり女姉妹、しかも、それぞれ結婚して明暗を分けた物語です。

 一人の女は貧しい男のもとに嫁ぎ、もう一人は高貴な男のもとに嫁ぎました。高貴な男の家には召使が大勢いて、お嫁さんは何もしなくていい。まことに優雅な生活です。ところが、貧しい男の家には召使などいようはずがなく、お嫁さんが何から何までしなくてはなりません。

 そのうち十二月になり、夫が正月に参内するための衣装を調えることになりました。しかし、貧しい男に嫁いだ女は、手づから(自ら)洗い張りをしなくてはなりません。もともと身分の高い家の姉妹でしたから、洗濯の要領を得ません。注意して注意してやっていましたが、緑色をした衣の肩の部分をビリッと破ってしまいました。「ああ、どうしよう」。貧しい家に代わりの衣装などあろうはずもなく、まして正月参内用の衣装。どうすることもできず、女は惨めな思いで泣くしかありませんでした。

 これを聞いた身分の高い男は、自分の妻の姉妹が窮地に陥ったのを切なく思い、緑色の衣装を探し求めて贈ってやろうとしました。しかし、これはそう簡単な話ではありません。いくら姉妹の間とはいえ、援助される側にもプライドというものがあります。身分差があればなおさらです。贈られて、よけい惨めな思いをするかもしれません。そこで、そのことを気遣った身分の高い男は、こういう歌を添えて贈りました。

 紫の色濃きときはめもはるに 野なる草木ぞ わかれざりける

 すなわち、「紫草の根が色濃いときは、春の野原は見渡す限り緑色で、ほかの草と紫草の区別などつかない。それと同じで、妻を愛する気持ちと、そのゆかりのある”はらから”を愛する気持ちとを区別することなどできない。だからあなたを助ける。遠慮は無用」と。

 

f:id:yukoyuko1919:20200722041326j:plain

伊勢物語 (笠間文庫―原文&現代語訳シリーズ)

伊勢物語 (笠間文庫―原文&現代語訳シリーズ)

  • 作者:永井 和子
  • 発売日: 2008/04/01
  • メディア: 単行本