クラシック音楽とオーディオが大好きなblog

とてもゆる~いファンです。悪しからず・・・

『友だちの数で寿命は決まる』

 『友だちの数で寿命は決まる』という本があります。このような刺激的な題名の本はちょっと気をつけて読まなきゃいけないと思うところですが、内容はビッグデータ等による客観的な分析に基づいているようです。それによると、寿命に最も影響を与えているのは、喫煙や飲酒、運動や肥満よりも、人との「つながり」だと判明したそうです。つまり「孤独」は喫煙よりも健康に悪いって。

 またこんなデータもあります。急性心筋梗塞で入院した人を対象に、お見舞いに来てくれる人の数と、6か月以内の死亡率を調べた結果、誰もお見舞いに来てくれない患者の70%が亡くなったのに対し、2人以上お見舞いに来てくれた人の死亡率は26%にとどまったそうです。これは医者の間ではよく知られている事実で、お見舞いに来てくれる人がいない患者は予後が悪いケースが多いといいます。

 介護に関する話もあります。男性の場合、息子の嫁に介護されると死亡率が低くなるのに対し、自分の嫁に介護されると寿命が短くなるというんです。これは実に恐ろしい事実ではありませんか。反対に女性の場合は夫に介護されるのが一番長生きで、息子の嫁に介護されると寿命が短くなる、って。詳しい理由はよくわかっていないそうですが、気持ち的にはなるほどという気がしないではありません。

 考えてみれば、男性の場合は、女性に比べて他人との「つながり」を作るのが下手ですからね。歳を取れば取るほどその傾向が強くなる。私自身も大いに思い当たるところがあります。もっと「つながり」を広げなくてはいけない、でも面倒くさい。そのあたりが男性の寿命の短さにつながっているのでしょうかね。まー少なくとも周りに嫌われるガンコ爺にだけはならないようにしよう!

 

f:id:yukoyuko1919:20190418102300j:plain

友だちの数で寿命はきまる 人との「つながり」が最高の健康法

友だちの数で寿命はきまる 人との「つながり」が最高の健康法